Go for it!

suzuの日記〜サッカ−にテレビに仕事に〜

オーストラリア

スーツにサングラス、さすが外国人


先月、シドニーに行ってきた。
オーストラリア人の友人の結婚式があったんだけれど、
久しぶりに実感、外国人のスーツにサングラスがかっこよいということ。
前からスーツイケメン、メガネ男子に弱い私ですが、
ぶらり街歩き、をしてたら、ピットストリートとかマーティンプレイスあたりに近づいてくると
仕事前にカフェでコーヒー飲んでる人とかが結構いて
ほーんとかっこいいの。
なんで外国人ってサングラスかけてる人、かっこよく見えるんだろ?
やっぱり彫りの深さの問題かなぁ。

加えて、オーストラリアに行って飲めるようになったワインですが、
初めてワイナリーというのに行ってきまして、あれこれ試飲してみました。
結婚式がハンターバレーというオーストラリアのワインの産地であったんですが、
式とパーティーの合間には4件ものワイナリーに寄ってみて、たくさん試飲!
持って帰ってこなかったけれど、そこで飲んだスパークリングワインがほんっとおいしくて
RIMG0777ジュースみたいな感じでさらっと飲める。
たくさん飲んだけれど、これが一番だった。
28オーストラリアドルだったから2500円位?程よく安くて、よかったです。
ワインは好きだけれど、詳しくない。
でも店頭で並ぶワインはやっぱりフランスとかが多くて、
オーストラリアのワイン、こんなにおいしいのに、日本の流通量が少ない。
知名度が上がって高くなるのは困るけど、もっと知られるとよいのになぁ。

カウラ

シドニーにいた時、授業の一環で
シドニー郊外のカウラって街に行った。
なーんにもない小さな町だったけれど
そこには日本庭園があった。
庭園内の散歩終了後、
オージーのおじいちゃんとおばあちゃんから
お話を聞いた。
独特のなまり、話している単語もわからず。
きっちり日本語で通訳してくれる人もいないし
わかるのは太平洋戦争で戦った日本人がそこにいたってこと、
話してくれる彼らはその人達とかかわっていたこと、
あとわかったのは桜が満開になったらイベントがあるってこと。

戦争の話はニュアンスのみ。
雰囲気で理解している感じ。
ただ、オーストラリアに太平洋戦争で関わった日本兵が
いたって事に驚いた。だって学校の授業じゃでてこないからね。

旅行会社で学校の営業をしていたとき。
平和教育でCOWRAへ行くって企画をしたことがある。
シドニー市内でよく制服をきた日本人を見てたし、
よく修学旅行で長崎や広島に行って
献花したりしてるから。
残念ながら田舎町でオーストラリアに修学旅行に行くような学校は
なかったので、企画は通る事はなかったけれど。
企画を作ったとき、COWRAの出来事を
学校の先生も会社の上司も知っている人はいなかったの。
企画は新鮮だったみたい。

今日の夜、そのカウラの出来事が取り上げられた
ドラマが放送される。
時間があればみてみようかな。

通販で買っちゃった。

シドニーから帰ってきてからというもの
食べたいって思っているものがいくつかあって

チャイナタウンHay market4Fのお店の飲茶と
ブラックタピオカミルクティと
スーパーボールの中華料理と
フードコートとかで売ってるフォーとケバブ。

それともうひとつ。それが
Starburstのrattlesnakeグミ
どこぞやのレストランではなく、
その辺のスーパーで売ってるグミ。
それが日本国内の輸入雑貨や食品を扱ってる所には
ぜんぜんおいてなくて、ネットでもそういうお店
見てみたけれど置いているところなくて。
ただ、この間ついに見つけちゃいました!!!

遊豪エンタープライズ・ショップって所だったんだけど
ほかのお菓子もあって。
輸入販売っていうより、代わりに買ってくれてる感じ。
重さによって送料もかわっちゃうから
ちょっと予算をこえたけどまとめて買っちゃいました。
4袋分。うち1袋はノーマルなグミですけれど。
昨日、袋をあけて食べ始めたけど、もーとまらない。
でももったいないから、ペースを考えて食べないと。

ビザと航空券と

先日、電話でこんな問い合わせを受けた。

「11月からシドニーの語学学校に行くんだけど、ビザって学生ビザじゃなくて観光ビザじゃだめなの?学生ビザだと取得に時間がかかるって、だから観光ビザで入って学生ビザに切り替えるってできるの?オーストラリアの大使館に電話してもガイドの声しか聞こえなくって・・・インターネットとかで調べられなくってさぁメールを大使館に送っても返事がこないのよぉ・・・ねぇどうなのよ」

とのこと。
これから海外にしかも語学学校へ通うって人が
そんなんで大丈夫なのかいよって思いながら話をきく。
しかも電話の口調はやたらと高圧的!!やな感じ
ビザに関してはいろいろ諸条件はあるものの、ネット上でも取得できる。
私がシドニーにいたときはワーホリビザから学生に切替る人がいたなぁと
思いながらも、このビザに関しては入出国にも関わることだから
下手な事もいえないと思って

「こちらには切替できるか等の詳細まではわかりかねます、ただEtasと呼ばれる
観光ビザはインターネットで取得できるはずですので、学生ビザの件も含めて
大使館のホームページをご覧下さい」と話す。

「だから調べてもわからないの、ねぇ調べてよ」って言って来る

ちなみに「オーストラリア大使館 ビザ」と検索をかけると
結果の上位にビザの取得方法を書いた大使館のHPがでてくる。
うちはなんでも屋じゃございません
ご自分でお調べ下さいって言いたかった!
手数料くれるっていうなら考えますが、こういう感じの人は
なんで手数料をとるのよ、調べただけでしょって言いそう。

調べてもでてこないんじゃなくて、調べる気がないんだろうね、きっと。
ちなみにビザの取得代行をうちの会社でも行っているけれど
基本的にうちの会社で航空券なり、パックツアーを購入してくれる人のみ。
ビザのみの手配もできそうだけど、ホント入出国にかかわるから
航空券の詳細とかシドニーの学校の状況とかわからないし
こういう人のはリスク高いんです。

話の流れで航空券の話題になったのだけれど
案の定「できるだけ直行便で安くいけるやつ」って指定つき。
しかもどこからでている直行便の話かと思えば羽田。
まだ成田や新千歳って話ならわかるんですけど・・・
確かに羽田は韓国までの国際線とかでてるますが、
一般的には国際線は羽田じゃなく成田ではないでしょうか?間違ってます??
ちなみに新千歳からはオーストラリア行きの直行便はでてません!
で直行便の値段を言うと高いって言われるし、
じゃあ経由便ではいかがですか、安くなりますよって言うと
乗り継ぎは面倒だから嫌だといい、
こっちはじゃあどうしたらいいの
もぉ自分で勝手にシドニー行ってくださいって感じ。
結構多いんです、こういうお客さん。

プレゼント

前にELSSA時代の友達が結婚する事は書いた。
さっき、友達と電話してて、プレゼントは何がいいんだろうかと真剣に悩む。
礼儀作法にのっとってこういうのは良くないとかって
あるって聞いた事あるし、せっかくシドニーでしりあったのだから
何かそんな雰囲気が漂うもののほうがいいのか・・・
何が喜んでもらえるのでしょう?

大阪でおめでとさん会が開かれる日、仕事は休みの予定なので
しっかり飛行機やホテルの予約しておかないと。
まだその日までは1ヶ月以上あるから地道に探してみます

友達の結婚

友達から結婚するとメールがきた。
シドニー時代の友人。ELSSAメンバー18人の中で誰が1番最初かって
みんなで会うたび話題にはなっていたけど、
いざ「第1号」が出るとびっくりした!!

相手はシドニーに行く前からつきあってたというんだから
遠距離も乗り越えて結婚。すごいねぇ・・・。

結婚式は10月福岡で。
その前にみんなであつまっておめでとさんパーティを大阪で開く予定。
距離は遠いけど仕事調整して、大阪にいけるといいな。
おめでたいことだし、みんなで集まるのも久しぶりだし。

ホント、あや、おめでとう!!

あれから4年。みんな適齢期だから
そういった連絡がこれから増えるんだろうなぁ。

別売りCD

ブログネタ
TOEIC に参加中!

この間amazonで、English Journalって雑誌、買ってみた。

というのも、TOEICのテスト受けなおそうと思って約2年。
1年ぐらい経ってからやっと
毎日机に向かって勉強するのは難しいって気づいたので
通勤のバスの中で勉強しようかと安直な発想。
片道約15分、往復で30分。
勉強しようと問題集を買ってもなかなかススマナイけれど
CDだったら少しは・・・って甘い考えだったり(汗)
たまたま本屋で見かけてユア サーマンやLonly Planetの創始者の
インタビューがスクリプトとCDになっているっていうのがわかって
雑誌にしては若干高めだから買おうか迷ってました。
後日ネットで雑誌を購入。でも肝心なインタビュー音源がない!!!

えっ付録CDついてますって書いてあるから買ったのにぃどこ??と
あちこち探すときちんと書いてありました。

表紙に書いてあるのはあくまで「TOEIC対策付録CD」がついているのであって
インタビュー音源は含まれているかどうかは書かれていないのです。
そして中に綴じこまれたスクリプト本には
インタビューの会話収録された雑誌は別売りだって書いてありました。

SHOCK!!

雑誌が届いたその日は丁度仕事はお休みで
張り切って勉強しよっかなぁって思っていたのに・・・
おかげで次の休みまで机に向かっての勉強は封印です・・・
やっぱり休みの日以外は
仕事から帰ってくるのは結構遅い時間になるので
御飯食べて、お風呂入って寝るだけって感じになっちゃうから
机に向かって問題集や辞書を広げて勉強するには気合が必要なんです。
その気合がそがれてその日はやる気がナクナリマシタ。

ちなみに別売CDは昨日ネットで注文しました。
勉強するぞっ!!!!!!!!!!

こんな本買ってみました

ブログネタ
オーストラリア生活 に参加中!

この間札幌に行った時に、こんな本を見つけて買ってみた。
将来的には海外で暮らしたいなぁっていう夢もあるから
参考までにって感じで。
まだ「家庭」を持っていない私には
ちょっと遠い未来に参考になるかなぁって感じでした。
色んな移住の形があるのだなぁと。

理想は現地で学校に通うor仕事をして、生活する。そこまで。
家族っていうのはその理想の中には含まれていないので
この本がきっと役に立つ日がくると信じて(笑)


そしてこの本を読んでいるうちに、シドニーが懐かしくなりました。
学生時代に1年間いた街。
人生最大の?!出来事がその1年間だったといっても過言ではありません。
きっと今後もそうだろうし。おかげで?今の仕事をやっています。

海外で生活する時、今の仕事経験が役立つかわからないけど・・(汗)

実現させるのなら、そろそろ動き出さなきゃいけない年齢です(>_<)
将来住みたい街の一つ、シドニー。
シドニーじゃなくても、オーストラリアに住めればいいかな?
懐かしくなったためにシドニーに関しての情報を、
ネットでブログいろいろ読んでしまいました。

サラリーマンの海外移住
ビザに関してや、仕事に関して書かれてました。
IELTSやビザのポイントの事など、知らない事あって、
やべっ勉強しなきゃ・・・・って気にさせていただきました。
普段、仕事のせいにして、勉強する気を起こしてないのですが、
実際に頑張ってる方の体験談etcに触れると
自分も頑張るぞ!って気になります。

シドニー生活・・・今日も能天気のオーストラリア
「そうそう、そうなのよ〜・・・」「私も行った!」
「うちの近所にあったあった!!」
と懐かしさ全開の気分にさせていただいたブログでした。
ベトナム料理の店は両親がシドニーに滞在時に連れて行ったこともありました。
私自身、Cityに住んでた時期とNorth Areaに住んで事があったから、
Hay MarketとかGrebe MarketとかGeorge Streetって名前が、
もうそれだけで懐かしくて・・・
今後もチェックするブログになりそうです。

南半球で母になった
このブログも「そうなのよ!」って読みながら
色んな思い出をよみがえらせてくれたブログです。
私自身はArtamon(スペルあってるかな?)に住んでいた事があって
一瞬、電車から見えるquyの向こうに見えるCityの景色が好きだったなぁ・・・
(お土産のポストカードのような景色が見えるんです)ってこととか、
Chatsのショッピングセンターもお世話になりました・・・
ってこととか。
このブログもチェックする事になりそうです。

みなさん、お世話になります(勝手にすみません)

シドニーに行きたくなってきた・・・お金貯めなきゃ

カズ、頑張れ

ブログネタ
●サッカー関係● に参加中!

カズがシドニーFCにレンタル移籍した。

オーストラリアのサッカー人気は低い。ラグビーリーグやユニオン、ルールズやクリケットの方が人気が高い。あとは水泳にテニス。人気も高くないから選手もあまり育たない。優秀な選手は海外へ。プレミアに行く選手もいるし、前はJリーグにもオージーはいたから、極端にレベルが低いというわけでもなさそう。ただ国内リーグはアマチュア並み。そして知名度も低い。私がシドニーにいるとき、地元の人でさえいつ試合をしているのかをしらない。いつの間にか開催されていていつの間にか終わってるって言ってた。

だからチーム自体のレベルは日本のJのチームより低いだろうし、カズも日本とのギャップを感じるのではないだろうか。シドニーには多くの日本人もいるからきっとサポートしてくれるはず。そのギャップを少しでも埋めてくれるはずだろう。頑張れカズ。

FOXスポーツより:Zdrilic upstages Kazu debut

缶ワイン

今日は久しぶりに早く帰ってきたので
ネットサーフィンをしてみました。情報収集って感じかな。
で、みっけてこれは試したいって思ったのが缶入りワイン。
缶コーヒーに缶ビール缶ジュースなんてのはあったけど
缶ワインってのは聞いたことがない!!
缶入りおしるこに、あまざけとか
ちょっと変わったのはいくつもあるけど、
よくよく考えるとワインってのはなかったね。
自販機で売ってないせいもあるのかもしれないけど。
 
私がワインを好きになったのは
オーストラリアでおいしいワインをたくさん飲まされたからで、
産地であるってこともあるけど種類が豊富にある。
友達とか、食後の軽く1杯ってのは
カートン?紙パックに入った安いのを飲む。
パック入りのワイン自体も日本でみたことないけどね。
あのお手軽感がいいんだけどなぁ。
缶ワインを売る会社バロークス、って会社みたいだけど
私は知らない会社でした。
私の住む田舎の地方都市にも売っているのかな?
試してみたいんだけどカートンケース入りのワインは
どこで売っているのかな?探してみよっと。